お歯黒式白髪染め

お歯黒式白髪染めのメリットどデメリット

お歯黒式白髪染めは、一般的な白髪染めに含まれているジアミンでアレルギー反応が出た人が使える、ジアミンフリーの白髪染めです。

 

ジアミン入りの毛染めが酸化染料といわれるのに対して、お歯黒式白髪染めは非酸化染料、非酸化染毛剤とも言われます。

 

お歯黒式白髪染めの代表的な商品

  • マロンマインドカラー(シュワルツコフ ヘンケル)
  • ネオビーマン(共同製薬所)

  お歯黒式白髪染めのメリット

  • ジアミンが含まれないのでジアミンアレルギーでも使える
  • 髪のダメージは小さ目

お歯黒式白髪染めのデメリット

  • 髪の色が真っ黒になりやすい(ブラウンなどを選んでも黒くなる)
  • 硫黄のような臭いがする
  • 使い続けると髪がごわついてくる

 

鉄イオンとタンニン、ヘマテインなどと反応させお歯黒と同じ黒い色素を作らせるのですが、染めた髪が真っ黒になりやすいといった面があります。

 

硫黄やパーマ液のような独特な臭いもあり、どちらかというと高齢の方が使われている事の多い白髪染めです。

 

自然な色・自然な香りのノンジアミンカラーを使いたい場合

30代、40代で白髪を染める必要がある場合、白髪染めに望むものとして次の事があげられています。

  • 髪を自然な色に染めたい
  • 髪を傷めたくない
  • 白髪染め独特の香りはイヤ
  • 根元もしっかり染めたい

 

このような希望をかなえられるのが「ヘアカラートリートメント」です。お歯黒式白髪染め同様、ジアミン無配合です。

 

 

植物で染め髪を傷めず、また多くのトリートメント効果成分が含まれている事から美髪効果や、髪のボリュームアップ効果などが期待でき、現在最も人気のある白髪染めのタイプと言えるでしょう。

 

ヘアカラートリートメントに欠点はないの?

お歯黒式白髪染めと比べるとヘアカラートリートメントは、色持ちが1週間程度と短いのが欠点と言えます(お歯黒式白髪染めの色持ちは2週間〜4週間)。

 

ただお風呂でシャンプーの後にリンスやトリートメント代わりに使えるので、それほど手間ではないでしょう。

 

将来も綺麗な髪でいたい、自然な色に染めたいという方におすすめです。

 

お歯黒式白髪染めのメリットどデメリット